Colish

誰と、どんなふうに住む?

コリッシュは、人生を充実させるコンセプト型シェアハウスのポータルサイトです。

登録したコンセプトのタネ

Ayumu Isomura

Ayumu Isomura

1966年愛知県常滑市出身。1989年金沢美術工芸大学工業デザイン専攻卒業後、某メーカーのデザイナー としてビデオカメラ、デジタルカメラ、医療用機器などのインダストリアルデザイン、インタフェースデザインに従事。日刊工業新聞社 機械工業デザイン賞、財団法人日本産業デザイン振興会 グッドデザイン賞選定など受賞多数。特にユーザビリティ向上にむけたデザイン開発プロセスの改革に取り組み、2007年にはユーザビリティデザイングループ長としてデザイン戦略立案とHCD開発プロセスの導入と推進を担う。「感じるプレゼン」(UDジャパン)執筆以降、ユニバーサルデザインに関する講演を数多く実施。2010年には北欧福祉の研究のためEgmont Højskolen及びKrogerup Højskolen(いずれもデンマーク)に留学、また株式会社グラディエを設立し、現在に至る。
財団法人共用品推進機構 個人賛助会員の会「共用品ネット」所属、桑沢デザイン研究所非常勤講師、クリエイティブ・シティ・コンソーシアム個人会員、NPO法人モンキーマジック理事

Born in Tokoname City, Aichi Prefecture in 1966. After graduating from Kanazawa College of Art majoring in industrial design, he worked as an industrial/interface designer at a manufacturing company where he designed video cameras, digital cameras and medical equipment. He was awarded many prizes including machinery industry design award of Nikkan Kogyo Shimbun and good design award of Japan Industrial Design Promotion Organization. Focusing on restructuring the design development process, he took a major role in framing design strategy and implementation/driving of HCD development process as a head of usability design group in 2007. Since he wrote a book entitled "KANJIRU Presen" (meaning design delighting), he has given so many lectures on universal design. In 2010, he studied the northern European welfare at Egmont Højskolen and Krogerup Højskolen (both in Denmark). He founded Gradie Corp. and has been president & CEO.
He is currently a member of The Accessible Design Foundation of Japan, Kyoyohin-net and also part-time lecturer at Kuwazawa Design School.