Colish

誰と、どんなふうに住む?

コリッシュは、人生を充実させるコンセプト型シェアハウスのポータルサイトです。

登録したコンセプト

登録したコンセプトのタネ

多田 あゆみ

多田 あゆみ

※facebookの特性を生かすため、お友達申請は実際お会いした方に限らせていただいています。申請の際、メッセージいただけると嬉しいです(^^)※

食卓からhappeライフマスター あーちゃんです♪
とっても簡単に生活に取り入れられるマクロビを楽ちん「楽ろび」としてお教えしています。

『happe』は造語。happy⇒『y』⇒『e』
『e』=education/eco/enzyme


■九死に一生歴■
1981年4月:
生後10か月、母親がお花見準備中に階段下で号泣。頭がい骨陥没のため病院へ。麻酔が全く効かず、寝付いてから手術。
■当時の証言(実際はどうだったのか?)
・どこか角にぶつけたような陥没(どこにぶつけたかはいまだに不明)
・紙一重で脳に触れていなかったため現在健常者
・骨を取出し裏返しにして(凸を外側にして)装着&針金で固定
・あまりに頭痛がひどいため、小学校高学年の頃レントゲンを撮りに行ったら、針金が骨に食い込んでいるため取れないと診断

2000年8月:
母親の運転する車(ハコバン)の助手席に乗車。
家まで徒歩10分ほどの距離で貧血のため母親が意識を失う。助手席で寝ていた&シートベルトをしていなかったため助かった稀なケース。
■当時の証言(実際はどうだったのか?)
・母親が気付くと助手席が塀(助手席だけ塀に突っ込んだ)
・フロントガラスが割れており、運転席の前のダッシュボードをつかむ手が見えた
・娘がぶら下がっていた
・助手席大破の車や事故現場だけを見た人の証言「死んだor下半身不随」
・左手骨折、おでこと顎を縫う、左足打撲、一週間で病院脱走
・寝ていたためわからないけど、たぶん、衝突から運転席がなくなるまでの間に、おでこ(と顎?)でフロントガラスをぶち破り、無意識に右手でダッシュボードを掴み、半回転しながら左手と左足を塀かどこかにぶつけた??


当時、ついていないと落ち込んでいた私を励ましてくれた言葉
「それだけの事故で生きてるってことは何かやらなきゃいけないことがあるんだね(byが~まるちょば:ヒロポン先生)


略歴
17歳で出産して家を出た妹の代わりに、当時21歳の私が実家に戻り未婚のまま(彼氏もいない・笑)姪の子育てを行う。性格は天使、小学校入学1年前に小学校1年生の勉強ができる子に育ててしまう(入学年を1年勘違い)
姪が小学校入学するとともに妹との親子関係修復のため、実家を離れて上京。気ままに広告関係や大手建設コンサルの会社で契約社員、派遣社員を転々とする。

2011年4月より高齢者と子育てを繋ぐシェアハウスを作るため活動開始。
被災地支援ボランティアに8月末までほぼ毎週参加。
夏に被災地でいただいた大切なメッセージ「忘れないで」のため、チャリティーイベント開始。
縁あってママと女性のための純粋で素敵な情報発信と被災地支援「忘れないで」のためフリーペーパーの編集長となる。
女性とママの笑顔から世界平和を目指している道中でマクロビオティックと出会い、うっかりマクロビの先生になる。
ありがたいことにいろいろ素晴らしい情報に囲まれているので、どんどん発信して幸せな笑顔を増やしていきます☆


ビジネス書が嫌いで読まなくても、お金がなくても夢はかなうを実演中。ルールブックを読むよりフィールドに出たことがいいみたい。
全てはフィールドでかかわってくれてる心優しき人たちのおかげです!
まず資金集め中の方、もしかしたらほかにもやり方あるかもですよ(^^)