Colish

誰と、どんなふうに住む?

コリッシュは、人生を充実させるコンセプト型シェアハウスのポータルサイトです。

大地の芸術祭の里・新潟県十日町市【ギルドハウス十日町】住み開きの古民家で地方に移住!

目的コミュニティ系
テーマ地域
メンバー募集中
居住中

シェアハウス 空き家 まちづくり UIターン 多拠点居住 試住 週末移住 子育て ホームステイ リモートワーク 起業 セルフリノベーション 農業体験 援農

このコンセプトシェアハウスのHOTニュース
西村 治久

2017.11.14

年内いっぱいで2名限定ですが募集を再開しました。早めにお問い合わせください。

西村 治久

2017.09.28

住人の情報を更新!日本酒、とくに"どぶろく"を愛する20代の女子が加わりましたよ。また、ギルドハウス十日町で生まれたアプリ『まちかどギルド』も好評配信中です。

西村 治久

2017.09.01

住人の情報を更新しました。このところ試住希望が多いので早めにお問い合わせください。冬からよりも秋からのほうが住み始めやすいと思いますよ。

美しい棚田が残る自然豊かな中山間地域で、古民家をセルフリノベーション

新潟県の十日町市(とおかまちし)は人口5万5,000人ほどの中山間地域。渓谷や温泉など自然に恵まれ、日本一長い大河・信濃川の中流域に形成された河岸段丘の地形が四季折々の情景を見せてくれます。美しい棚田も残っていて、日本の原風景に癒されます。

また、古くは京都の西陣と並び機織りの着物が全国的にも有名で、この物件は築100年以上の古民家となっており、戦前から養蚕をしていたそうで、とてもユニークな造りをしています。

そんな空き家となっていた古民家を、住人や地元の方々とみんなでわいわいセルフリノベーションして再生し、住み開きの家として2015年5月に開放をスタートさせました。以降も手を加えていき、ロケットストーブを手作りしたりと、いろいろ企画して多様な人を巻き込みながらどんどん楽しい家にしてきました。

大地の芸術祭の里で、地方への試住・移住、多拠点居住を実践しよう

十日町市は、地域おこし協力隊をいち早く導入したり、3年に一度の野外美術展「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」を開催するなど、まちづくりや芸術の盛んな地域です。

「ギルドハウス十日町」はそんなエリアで、自然豊かな小さな集落にありながら、中心市街地からクルマで10分、もしくは北越急行ほくほく線・美佐島駅から徒歩15分という好立地にあります。とくに美佐島駅はホームが地下トンネルにあるユニークな駅で、一見の価値ありです。温泉(明石の湯/千年の湯)も近いです。さらに足を延ばせば日本三大薬湯の「松之山温泉」という温泉郷もあります。

季節の良い時期にはサイクリングで散走するのも良いですよ。冬は近くのゲレンデでスキーやスノボが楽しめます。四季がハッキリしていて、それぞれの季節に趣きがあります。

豪雪地帯ということで雪や寒さを心配されるかもしれませんが、1年目〜2年目ともに冬に住む人のほうが多かったです。雪国の人たちは昔から冬を楽しくあったかく過ごす知恵を持っていて、それを体験するのも良いかと思います。

ただの家にするつもりはなく、住まいを積極的に開放する「住み開き」によって、まちづくりにたずさわりたい、田舎暮らしを体験したい、地方に移住したい、多拠点居住のひとつのセカンドハウスやリモートワークのためのコワーキングスペースとして利用したい、イベントを企画してさまざまな地域の方と知り合いたいなど、多様なニーズに応えます。

なお、周辺では山菜が多くとれて、裏手には畑もあるので農的な暮らしもできます。裏庭にはウッドデッキを作りましたので、鳥たちのさえずりをBGMにしながらゆったりしたり、バーベキューも楽しめます。2階には、大地の芸術祭の著名なアーティストによる作品が壁一面に描かれているほか、廃材で作り上げたイングリッシュパブ風のホームBARカウンターがあり、多くの方が訪れています。

1年で3,000人が集うコミュニティを新たな拠点にしてみませんか?

お店でも宿でもない、山奥の住まいに、全国各地や海外から年間で延べ3,000人が訪れています。その様子が全国誌やNHK、さらには2時間スペシャルの全国放送などでも特集されました。

そんななか、いまのところ15名が滞在しています。

1. ギルドハウス十日町を作った《ソーシャルな隠居》西村 治久さん。移住や各地の魅力的な取り組み・人物を紹介する全国誌「TURNS」「ソトコト」など様々な雑誌で取り上げられたほか、オリジナルのスマートフォン用アプリ「まちかどギルド」を立ち上げています。
2. 狛犬めぐりと漫画が大好きな移住女子でみんなのお母さん的な存在。
3. 地域づくりや地方と若者の関わりづくりといったことに取り組みたいという起業家の移住男子。
4. なんだかんだオープンの頃から居候している格闘技が好きな狩猟系男子。
5. 都会のシェアハウス暮らしを経て田舎でのナリワイづくりを模索しているラジオパーソナリティーの女子。
6. 地域おこしとデザイン企画制作に勤しむ女子。
7. 実家を追い出された可愛そうな20代の自称アザラシ系女子。
8. 海外留学のあと地元の新潟県に戻り、主にオーストラリアから外国人を招くようなインバウンド系の仕事を作りたいという20代男子。
9. 飲食業の仕事を辞めて漫画家としてスキルアップしようと移住してきた40代男性。
10. 海外からやってきてホームステイ中というスローライフ実践家の外国人。
11-12. 地域のお手伝いをしながら新しい環境で楽しく生活していきたいと、友人どうしで同時に入居したふたりの男子。
13. パソコンとインターネットでリモートワークをしている30代男性。
14. 日本酒、とくに『どぶろく』を愛する20代の女子。
15. 南の島から全国一周旅をしている途中に期間限定で住むことになった旅人。

このように現在の住人は男女いずれもいて20代~40代まで幅広いです。過去には0歳の赤ちゃんや4歳の女の子、15歳の高校1年生、65歳のひとも住んだことがあります。移住者だけではなく、地元の十日町市に実家があるにもかかわらず自立を目指して住むひともいますし、住人だけでなく旅人が居候することもしばしばあります。

さらに、ギルドハウス十日町は、住人がここを巣立っても、いつまでも第2・第3の実家としてあり続け、まるで家族のようにいつまでも応援しています。オープンから5ヶ月間、いっしょに盛り上げてくれた旅するリノベ集団「パーリー建築」もその一員です。

ほかにも、料理を作ったり絵を描く仕事をしている20代女子、シングルマザーと当時4歳という女の子の素敵な母子、7ヶ国語くらいしゃべれるスローライフ実践家、「服を作りたい!」とバルコニーを工房にした服飾職人の30代女子、20代前半でシェアハウス運営経験者という若き作曲家、耳が聞こえない聴覚障害があるにもかかわらず日本一周の準備をしたいと住んでいた男子などなど。それぞれ3ヶ月〜1年近く住んでいました。

以上のような個性豊かな面々に、ぜひみなさんも仲間入りしてください。また、住人だけでなく、全国から魅力的な方々がふらっと訪れますので、多様な出会いから共感と展開が生まれていくことでしょう。そして、楽しく豊かな生き方・働き方を実践していきましょう。

お待ちしています。

《月額の生活費には食費も含まれます!》

ひとり月2万5,000円です。また、2名以上で同時に相部屋(ルームシェア)で滞在される場合は、1部屋4万円となります。
この生活費には、水道光熱費とインターネット代はもちろん、食費も含まれます。
また、最初だけ運営協力費として1万円をお預かりいたします。
そのほか、週末移住や短期滞在などご要望ありましたら、ぜひお問い合わせください。

《応募・問い合わせの方法》

このWebページにある「投稿者にコンタクトをとる」ボタンを押して、メッセージをお寄せください。その際、お名前や応募理由などをお知らせいただければと思います。内覧やSkypeでお話しすることも可能です。コンタクトをお待ちしています。

【東京や西日本のギルドハウスとのつながりも得られます】

東京にある「ギルドハウストーキョー」。情報やヒトが集まる大都会ならではの“地方と都市をつなげる”展開が行われています。ほかのギルドハウスと合わせて利用できる、多拠点居住にピッタリでお得なセカンドハウス・プランもあります。また、西日本の兵庫県篠山市(ささやまし)には「ギルドハウス篠山」が。日本酒BARを運営している地域PRのプランナーが展開する里山の場。詳しくはネットで検索してみてくださいね。

ギルドハウスは今後も各地に増える予定で、いまのところ瀬戸内海に浮かぶ小豆島で準備中となっています。都市と地方、そして地方どうしつながりながら、出会いから共感を生み、そこからいろいろなソーシャルアクションを展開していきます。

募集ステータス

入居中

シェア開始日: 2015/05/01

住民募集中

定員17名(あと2名)

募集期間: 2017/12/25まで(あと8日)

基本情報

住み開きの古民家「ギルドハウス十日町」

https://twitter.com/guild10kamachi

場所

新潟県十日町市津池

住所メモ

北越急行ほくほく線・美佐島駅から徒歩15分、もしくはJR十日町駅からクルマで10分。Googleマップで「ギルドハウス十日町」と検索してみてください

大きな地図で見る

投稿者プロファイル

にしむら・はるひさ●埼玉県出身。40代でセミリタイアして《ソーシャルな隠居》に。2015年5月に新潟県十日町市へ移住し、築100年の空き家を再生して《住み開きの古民家「ギルドハウス十日町」》を設立。山奥の限界集落に国内・海外から年間3,000人が訪問。全国誌やNHKなどで特集される。また、世界的な起業家コミュニティの新潟県版「Startup Weekend Niigata」代表を務め、地方で起業家を生む活動もしている。まちの支えあいを増やすアプリ「まちかどギルド」Founder(考案者)。Twitter @west2538

27 人

  • Default-profile
  • Default-profile
  • Default-profile
  • Picture?type=square
  • Picture?type=square
  • Picture?type=square
  • Default-profile
  • Default-profile
  • Picture?type=square
  • Picture?type=square
  • Default-profile
  • Default-profile
  • Picture?type=square
  • Picture?type=square
  • Picture?type=square
  • Square
  • Picture?type=square
  • Picture?type=square
  • Picture?type=square
  • Picture?type=square
  • Picture?type=square
  • Picture?type=square
  • Picture?type=square
  • Picture?type=square
  • Default-profile
  • Picture?type=square
  • Picture?type=square

実現しているシェアハウス

絆家
絆家
家族 × シェアハウス
古民家ゲストハウス
古民家ゲストハウス
古民家ライフ × シェアハウス
SUECCOハウス
SUECCOハウス
モノづくり × シェアハウス
x-garden桜台
x-garden桜台
起業 × シェアハウス
大阪クラフトハウス
大阪クラフトハウス
クラフトワーク × シェアハウス
ペアレンティングホーム二子
ペアレンティングホーム二子
シングルマザー × シェアハウス
物件募集_colish